黄薔薇し(きばらし)

いえろ〜ず|YeRoseとかいうとある福井大学生がVRで音フェスをするために頑張ることがメインのブログ しかし今現在32bitのPCしかないのでPC買うまでは全く関係ないことばかり綴ります 好きなもの MainstreamHardcore・Vtuber・将棋・DCG(シャドバメイン)・音ゲー(弐寺とか) ほしい物リスト  http://amzn.asia/hwMPwyf #NEST_Fukui

初めましてということらしいです。#NEST_Fukui

はじめましての方ははじめまして、いえろ~ず|YeRoseです。昨日(いやまあ数時間前だけどね)のNEST‼に感化されて今日からできるだけ毎日ブログを更新しようかなと思い、ブログを立ち上げました。ということで今回は軽く(?)自己紹介(???)でもしていこうとおもいます。

名前の由来

名前の由来はYellow+Roseです。黄色とバラが好きなのでこの名前になりましたがある日ふと黄バラの花言葉をみたところ

に飽きた” ”誠意がない” ”嫉妬”

 

どうしてそうなる(´・ω・`)

 

いやまあ”友情” ”献身” とかいい意味もあるし、自分自身超絶絶食マンだからいいんですが・・・www とりあえずみなさん花を名前とかに使うときはちゃんと花言葉の意味は調べておきましょう。あと、日本語表記の"~"に意味は微塵もありませんw

 

目標(早速自己紹介からそれる)

VR空間で音フェスを開くこと

まず私が"Mainstream Hardcore"(以下ハードコアとします)という種類のダンスミュージックの大ファンで、高校生の時に「大学に入ったら自分でハードコアをつくろう!」と考えていたんですよね。そう考えていた高校3年の冬、バーチャルユーチューバーが一躍有名となりました。そこからすっかりVチューバー沼にはまった自分ですが、ある日電脳少女シロちゃんのVR対応の生放送を見たときにVRを通して生放送できるという点からふととあることを思ったんですよね。

「もしかして音フェスもVRを用いて開催できるのではないのか?」・・・と。

 まあ、自分がこの目標を目指すに至る経緯はこんな感じです。次にVRで音フェスをする利点は

  1. 家にいながら音フェス特有の雰囲気を味わえる。
  2. 会場を用意しなくていい分経費にやさしい(VRにお金がかからないわけではないけど、やたらでかい会場を用意したり大量に火薬を用いたり、警備員だの雇ったりすることを考えると・・・という感じです。あとVRは使いまわしがききますし)
  3. 移動する必要がないため社会人コンポーザーでも無理なくDJ参加できる
  4. 開園時間に都合が合わなくてもアーカイブで何度でも体験可能
  5. もともと音フェスでも何でもないmix音源でもVRを用いることで(生放送特有のよさはないものの)音フェスのようになる

ほかにもありますがとりあえずざっとこんな感じです。もちろんリアルの音フェスにはリアルだからこそのよさもありますが、まあそこはリアルとバーチャルの住み分けというところです。

さて、こういったことをやるにしても現時点では誰も人が集まらないので最初は作曲・VR周りどちらも自分でやっていきたいなと思っています。

現時点での問題点

PC含めて機材が現在なにひとつとしてないです(´・ω・`)

一応ノートPCは買ってもらう予定ですが・・・なんとかして資金を集めたいところ。

趣味もろもろ(ここで自己紹介に戻る)

  • ハードコア:長くなる気がするので別の機会に
  • 将棋:将棋ウォーズ10切れ1級 序盤難民 好きな棋士藤井猛九段と永瀬拓矢七段
  • デジタルカードゲーム:shadowverse Masterランク 今度新弾評価するかもしれない あとはHearthstoneもすこし触れてる程度
  • 音ゲー:最近はbeatmania主体だけど最近始めたから★5適正クラス ほかも軒並み触れてます
  • バーチャルユーチューバー:.live箱推し

他にもいろんなゲームに手を出してます。PC手に入るまでは基本的に趣味の話ばかりですw

 

とりあえず初回という事で今回はここまで。何より眠い・・・w(現在時刻2:26)

あとほしい物・・・というよりおいおい準備したいものリストを乗っけておきます。

 

http:// http://amzn.asia/hwMPwyf

 

それではまた明日・・・のはず。

 

追記

よくよく考えたら #NEST_Fukuiについて何にも触れてない...w このハッシュタグ

"NEST!! vol.2 「 IT社長とはなしてみる? 」~未来社会×自分~"

というIT企業の社長と学生の座談会(?)で生まれたものです。 将来のプログラミング教育がどうあるべきか、起業についてなどなど、特にVR関係で動こうとしている自分にとっては非常に参考になりました!